ベッドに戻って、目をつぶって、しばらくしてカーテンをめくると、たまらなく眩しい火の玉がまさに今昇ったところ。