でも、ちっとも悲しくなくて、あたたかな光を部屋じゅうに放つ彼女のまわりで、私たちもふわふわと揺れていた。