きっと私は、それをしに神戸へやってきた。